「ハングル」能力検定試験

「ハングル」能力検定試験とは、
日本初の朝鮮語、韓国語の検定で、
1993年から行われている比較的新しい検定です。

この「ハングル」能力検定試験は
他の英検などの語学系資格とは違い、

「日本語を母語とする人のための外国語
として実践的であること」があります。

英語検定などは受験英語に近い麺がありますが、
「ハングル」能力検定試験は比較的実践的で
「海外的な」言語の思考について学ぶことが出来ます。

近年では韓国と日本の間の交流も増え、
よりハングル、韓国語などが読めること、
話せることに対するニーズも増えてきましたから、
「ハングル」能力検定試験の資格を持っておくと
何かと便利な場面が多いように思います。

韓国語は日本語とも語順がにており、
日本語に比べて字数が少ないため、
外国語としては学びやすい部類の言語でしょう。

現在では「ハングル」能力検定試験も
そう受験者数が延べ30万人を超え、実績もあります。

フェリーでも結ばれ、旅行者もお互い増えてきた「韓国」。

この近年の動きがあるからこそ、今は、
「ハングル」能力検定試験の資格が必要とされているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ