きゅう師

疲れた肩の凝りやむくんだ足を
ほぐすためにマッサージに通うことが
ありますか。

何も知らない人はマッサージと
一言でいってしまいますが、
その中にもはり師やきゅう師、
あん摩マッサージ指圧師など多数の
資格を持つ人がいます。

その中でもきゅう師とは、モグサなどの
灸を扱いお線香で火を付け患部に熱を
与えることによって、主に自律神経・内分泌
・免疫系のツボを刺激し
治療をします。

薬局などにいきますと市販のおきゅうが
販売されていますが、通常はヨモギの
葉を乾燥させたものを使い患者さんの
症状に合わせ的確なところにあて、
火傷をさせないように刺激を与えなくては
ならないので専門的な知識が必要です。

きゅう師になる為には、厚生労働大臣
・文部科学大臣が定めた専門学校や
大学などの機関で何年か学んだ後に、
同じ資格の試験に受験し合格をしないと
取得できませんので、資格を取る為には
まず医療系の専門学校や大学に入学しなければ
ならないのです。

資格を取得した後に働くことができる
仕事場としては、鍼灸院や社会福祉施設や
スポーツトレーナーなどがあります。

また専門の学校では、きゅう師だけではなく
同時にはり師の勉強もすることが
できますのではり師の資格も取得すれば
独立開業することもでき、長く
働き続けることができるのは魅力的な
資格ともいえますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ