はり師

はり師ってどんな資格かご存知ですか。

きゅう師とまとめて鍼灸師と呼ばれることも
あります。

両方の資格を取得する人も多いです。

はり師の仕事は、専用の金属の針を用いて幹部に
刺激を与えることで治療を行うことです。

古くからある東洋医学の技術であり、これを現代に
活かすことに期待が高まり注目されています。

事故の後遺症や生活習慣に起因する不調に特に効果が
あるとして注目を集めています。

医師の同意書があれば健康保険も適用されるため
利用者も安心して通うことができますし、
いわゆる医者とは違う方向から病気にアプローチ
できる職業です。

高度な知識と技術が必要で学習に根気が必要な反面、
一度良い評判を集められれば一生続けていくことが
可能な安定性のある職業でもあります。

そんなはり師の資格の受験資格は、大学入学資格が
あることと、口の認めた養成施設で3年以上知識と
技術の獲得に努めた者であることです。

ちなみに視覚障害者については特例が認められています。

毎年2月下旬頃に行われており、合格率は80パーセント
ほどです。

興味があれば一度調べてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ