アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーというのは、
公益財団法人日本体育協会が
実施している日本で唯一の公認の
トレーナー資格になります。

このアスレティックトレーナー
というのはスポーツ選手を現場レベルで
支えるスタッフの一員で、選手が
受傷してしまったときに応急処置を
行ったり、その受傷した傷害が
どの程度のものなのかを評価したり、
選手が復帰をするまでの手順などを
考えていくことをはじめ、
傷害を予防をする専門家になっています。

現在ではスポーツ界だけではなく、
高齢者の健康づくりや一般の
患者が行うリハビリにその知識や
技術を応用することなどに
アスレティックトレーナーの職域が
広がっているとも言われています。

そのため、国家資格である
柔道整復師や理学療法士といった資格を
取得している人たちが、同時に
このアスレティックトレーナーの資格を
取得するという人が増えているそうです。

アスレティックトレーナーに
なるためには日本体育協会が
定めているカリキュラムを受講し、
さらにアスレティックトレーナー資格を
取得している人の下で180時間の
現場実習が仏用になります。

さらに試験にも合格しなければ
ならないという難関資格になっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ