アルミニウム合金溶接管理技術者

アルミニウム合金溶接管理技術者
という資格をご存知でしょうか。

主にあるに有無を取り扱う資格である
ことは容易に想像できますが実際には
どのような事が行える資格になるのでしょう。

今回は、
アルミニウム合金溶接管理技術者について
詳しく見ていこうと思います。

アルミニウム合金溶接管理技術者とは、
アルミニウム合金の溶接や作業の計画、
さらに監督スキルを試験基準に基づいて
判定する資格試験になります。

各級は1級・2級・3級で構成されている
資格試験になります。

1級は書類審査と面接のみになりますが、
2級と3級はそれに加えて筆記試験などの
問題が出題されるようになっているようです。

受験資格としては、20歳以上のもので
受験級ごとに学歴に応じた実務経験などが
必要になってくる資格試験になります。

ですので、主に勤務経験のある技術者などが
取得できる資格になるのではないでしょうか。

学生が、すぐに勉強して取得出来るような
タイプの資格では無いことは間違いないでしょう。

主に社会人向けの資格試験になります。

その上、実務経験も非常に重要に
なってくる資格試験になることでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ