アルミニウム溶接技術者

アルミニウム溶接技術者という資格は
聞きれないですが、非常にニーズの
高い資格の一つです。

アルミニウム溶接技術検定は
アルミニウムのティグ溶接・ミグ溶接についての
技能や知識をJIS Z 3811を
基準として保持しているかを
証明する資格です。

アルミニウムの溶接は
必要となる場面が多い割には
非常に細かい部分での技術が
要求されるため、アルミニウムの
溶接についての技術を持っている人は
非常に求められているわけなのです。

受験資格は基本級なら3ヶ月の
実務経験をもち15歳以上、
専門級なら基本級と6ヶ月の
実務経験を持つ15歳以上の人と
なっています。

試験内容は「学科試験」「実技試験」の
2つに分かれており、学科試験では
合金材料についてや性質についてが問われ、
実技試験では薄板や中板といったものの
突合せ溶接、試験材の表曲げ、裏曲げ
といったことの技術を見られることとなります。

合格率は約80%ほどで、持っておいて
損はない資格であるからこそ挑戦の
価値があるでしょう。

金属系の工場に勤める際には
こういった資格を持っていると
非常に有利ですから、ニーズも
高いアルミニウム溶接技術者がおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ