インドネシア語技能検定試験

インドネシア語技能検定試験とは、
日本に一つしか無いインドネシア語に
関する資格です。

このインドネシア語技能検定試験は
特A級、A級、B級、C級、D級、E級の
6つに分かれており、それぞれによって
難易度がだいぶ異なっています。

インドネシア語技能検定試験において
「観光程度」とされているのは
C級、D級程度となっており、基礎的な
日常会話ができれば問題なく合格できるでしょう。

インドネシア語技能検定試験の中でも
最上級となる特A級レベルになると、
十分通訳や翻訳者に慣れるレベルであり、
将来インドネシアで専門的な仕事が
したいという場合や、インドネシアの
歴史や文学について学び、日本語への
翻訳を行いたい、という方には
特A級の受験をおすすめします。

試験の内容としては筆記試験と
リスニング試験があり、B級以上の級では
二次試験として面接が必要となります。

ですから、ただ聞けるだけでも、
読めるだけでも不十分だというわけです。

インドネシア諸国に旅行に行くための
腕試しにも使えて、実際に仕事でも
活用できるのがこのインドネシア
語技能検定試験なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ