エンベデッドシステムスペシャリスト試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験とは、
情報処理技術者試験の一区分にあたる資格です。

試験制度スキルレベルは4で、
高度な知識や技術が求められます。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験の
ことは略してESと呼びます。

システムエンジニアの中に含まれますが、
組込みシステム(エンベデッドシステム)
開発基盤構築、組込みシステム設計・
構築・製造を行うリーダー的立場に
位置することになる資格です。

資格を取得すると高度IT人材として、
ハードウェア系・電子システム系関連企業への
就職が有利になります。

実際にエンベデッドシステムスペシャリスト試験に
合格した人物は、電気機メーカー、
通信機器メーカー、医療機器メーカー、
自動車メーカーなどで、
組込みシステム開発担当者として
製品開発に携わっていることが多いです。

具体的には、情報システムの構築や運用、
マイクロプロセッサやシステムLSIを
組込む電子機器の設計や開発などが
仕事内容となっています。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験に
受験資格の制限はありませんが、
やや難しい試験です。

情報処理技術者としての実務経験があるか、
専門学校での受験対策などを行っていないと、
合格する可能性は低いかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ