ガス主任技術者

資格には様々なものがあります。

難易度も違えば、趣味や経歴の
プラスになる程度のものから、
特定の職業に就くためには
必要不可欠なものまで様々です。

今回お伝えしたいのは
ガス主任技術者と呼ばれる
資格についてです。

ガス主任技術者とは
財団法人日本ガス機器検査協会が
行うガス主任技術者国家試験に
合格した者であり、一般家庭の
燃料ガスの製造から供給まで
あらゆる過程のガスを取り扱うことが
できる資格です。

ガス事業法に基づきながら
ガスを利用したものの保安や
監督を行います。

区分としては甲種、乙種、丙種があり、
それぞれできることが違います。

ガス主任技術者の資格試験は
主にマークシート問題及び
論述問題があり、300点満点中
合計得点が180点以上あることなどが
合格基準となっています。

いままでは非常に難解な試験と
いわれていましたが、近年では
勉強すれば確実に到達できるレベルを
合格ラインとした試験へと変わりつつあります。

過去問などをときつつ、試験の
重要ポイントをおさえていけば
資格所得は難しくはありません。

継続的に勉強していけば、多くの人は
合格できるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ