ガス溶接作業主任者

技術に関する専門的な資格として
「国家資格」として取得することが
できるもの。

「ガス溶接作業主任者」という
資格をご紹介いたします。

名前ぐらいは知っていて
ガス溶接作業主任者って
どんな資格なのかと思っている人も
いますよね。

このガス溶接作業主任者という
資格で何ができるのかというと、
【溶接】という業務において
ガスが使えるようになります。

【溶接】とは主に金属と金属を
つなげることで、アーク溶接
という代表的なものがあるのですが、
ガス溶接作業主任者の資格を
持つことでガスでの溶接というものが
可能になります。

ガス溶接ができるメリットとして
はアーク光が発生しないため
溶接部が見えやすくより正確な
作業が可能になるということが
あげられています。

なお、この資格を取得しようとすると
もちろん試験に合格する必要があります。

こういった技術関連の資格としては
珍しく実技は課せられず学科のみの
試験となっていることも特徴です。

学科内容は、ガスに関連する知識と
関連法規等々になります。

手に職をつけたいと考えている方は
検討してみたはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ