キータッチ2000テスト

キータッチ2000テストは
日本商工会議所や各地の
商工会議所が主催としている
キーボード操作技能認定試験に
なります。試験時間は10分間で、
どれくらいのタイピングが行えるかを
判定するテストになります。

そのため、
キーボード操作技能認定試験には
合格や不合格というものはなく、
受験者全員に「タッチタイピング技能認定証」を
交付してもらうことができます。

10分間で750字以上入力を
することが出来た場合には、
ビジネスコンピューティングという
資格試験において、入力科目が
免除となる特典があります。

1000字以上入力することが出来た場合には、
英語ビジネス文書作成技能Dクラスという
資格試験において、SPEED科目が
免除になるとうう特典があります。

さらに、2000字すべての入力を
負えることが出来た場合には
「タッチタイピング技能認定証」の
交付の他に「ゴールドホルダー認定書」を
授与してもらうことが出来ます。

認定資格というよなものでは
ありませんが、就職の際などに
キータッチの速さを客観的に
認定してもらうことでアピールすることが
出来るものになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ