ケアクラーク

ケアクラークという資格に聞き覚えが
ない方もいるかもしれませんが、
介護事務と言い換えればそれが
意味するところが大体わかりますね。

ケアクラークの資格が活きるように
なったきっかけは2000年に始まった
介護保険制度です。

これは介護や生活支援が必要となる際に、
それにかかる費用の原則9割を
市区町村や国が負担するという
新しい制度となっています。

ケアクラークはこの介護報酬を計算し、
利用者と市区町村などに請求する
という仕事内容になります。

このケアクラークにも試験を
実施する団体によって呼び名が
違うものがありますが、呼び名が
違うだけでその内容に大差はありません。

活躍の場はもちろん介護保険が
適用されるサービスを実施している
施設が主となります。

事務が主な仕事であるため事務所で
働くことが多く、知識さえ身につけてしまえば
誰でも働きやすいことは魅力のひとつです。

またこの資格単独ではなく他の
医療福祉系の資格と組み合わせることで
活躍の場を広げることが可能になります。

たとえば医療事務とケアクラークの
資格をもっていれば介護保険を扱う
病院への就職の際有利に働くでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ