ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーとは、介護支援専門員の
ことで、介護保険法において要支援、
要介護認定を受けた人から相談を受け、
居宅サービス計画を作成する資格に
なります。

他の介護サービス事業者との連絡を
密にし、調整を図る役割を担っています。

デイサービスや訪問介護などを受ける際、
その窓口となって介護サービスの計画を
作るのがケアマネージャーであり、
通称ケアマネと呼ばれています。

介護保険で要支援、要介護になった人が、
適切なサービスを受けられるよう、
介護サービス計画を作る専門職で、
訪問介護やデイサービスなどの利用の
相談も行います。

業者の手配や申込み手続きなどを
代行し、利用者に適したサービスの
紹介と医療との連携、費用計算など、
様々な面でサポートしていきます。

ケアマネージャーの仕事には、要介護者の
課題分析とサービスとニーズの把握、
介護サービス計画の作成があり、
サービス担当者会議の運営も行います。

また、ケアプランの継続的な管理と再評価や、
介護支援サービスの記録を残すことも
役割になるので、介護サービスを利用する人は、
ケアマネージャーとは長いおつきあいになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ