コンピュータサービス技能評価試験

コンピューター関連の資格はたくさん
ありますが、コンピュータサービス
技能評価試験と言う資格はご存じでしょうか。

この資格はコンピューターを利用した
さまざまなサービスを行うための
能力認定の為の試験となっています。

コンピュータサービス技能評価試験の
資格だけで就職に有利とは言い難いでしょう。

しかしこれに加えてさまざまな
パソコン関係の資格を所持していれば
就職に役立つかも知れません。

難易度自体はそこまで難しくはありません。

1級は広い知識が必要となっていますが
2級3級の場合はしっかりと勉強をすれば
受かるのではないでしょうか。

受験制限はなく1級と2級3級では
問題内容も変わってきます。

試験はワープロ部門、表計算部門、
データベース部門、オフィスドキュメント部門、
PCドライビング部門、情報セキュリティ部門に
分かれておりそれぞれを受験する事となります。

全体の合格率だけ見ると8割以上と
なっていますが1級は難しく合格率も
5割以下です。

逆に3級は殆どの科目が9割以上の
合格率のとても簡単な試験となっています。

興味のある人はまずは3級から受験を
して見ては如何でしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ