サッカー審判員

サッカー審判員とは日本サッカー協会、
またはその傘下にある各サッカー協会、
FIFA(フィファ国際サッカー連盟)の
主催する試合の審判を務めるための
審判員です。

サッカー審判員の資格は1級・女子1級・
2級・3級・4級(満12歳以上)に分かれ、
受験資格は都道府県サッカー協会の主催する
4級審判員取得講習会を受講した者とし、
3級・2級・女子1級(女性のみ)・1級と
昇級試験を受けることができます。

認定講習会を受講した後、3級取得資格は
4級取得後19試合以上経験した者
・2級取得資格は3級取得後2年以上で
各都道府県サッカー協会の推薦が必要
・女子1級取得資格は2級取得後2年以上
39歳以下の女性で各地域サッカー協会の
推薦が必要・1級取得資格は2級もしくは
女子1級取得資格取得後各地域サッカー協会の
推薦が必要となります。

各級の検定試験は筆記・体力・実技テストを
行い定年規定はありません。

近年のサッカーに対する人気とサッカー少年の
増加やゲーム数の増加からサッカー審判員が
多く求められています。

少年たちの育成と技術向上、そして
サッカー審判員になることによって自己の
健康効果や日々の励みになるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ