サーフィン検定

サーフィン検定は自分のサーフィン
規定科目技量にそって、自分の
サーフィン技量を客観的に評価することが
出来る検定資格になっています。

ショートボード・ロングボード・
ボディボードの各種目ごとに
1級から5級の階級があり、
公認大会などではこの階級ごとに
クラス分けをされています。

サーフィンは愛好者の多いスポーツでは
ありますが、時として危険を伴う
スポーツでもあります。

また同時に自然を相手にしている
スポーツなので規則やマナーなども
問われるスポーツです。

しかし、並みのコンディションに
よっては技量に合わず最悪の場合には
命を落としてしまうこともあります。

そのようなことが起こらないように
自らの技量を客観的に把握することは
とても大切です。

サーフィン検定を受験することで
自分の技量を客観的に把握することが
出来るため、技量に合ったサーフィンを
楽しむことが可能になりますし、
上位階級の合格に向けて技量向上の
ための目標を持つこともできるという
メリットもあると言われています。

また検定を受験することでサーファーとしての
マナーを身に着けることも可能です。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ