システム監査技術者試験

システム監査技術者試験とは、
情報処理技術者試験の一区分で、
試験制度のスキルレベル4に相当し、
高度情報処理技術者試験に該当する
資格です。

情報処理技術者試験の中では、
最高位にランクされています。

システム監査技術者というのは、
被監査対象から独立した立場で、
情報システム、組込みシステムに
関するリスクとコントロールを点検、
評価、報告する役割を担っています。

独立した立場で、情報システムや
組込みシステムを監査する業務に
従事し、リスク分析やシステムに
関するコントロールを検証し、
評価します。

ITガバナンスの向上やコンプライアンスを
確保する立場にあり、監査計画の立案と
監査を実施します。

システム監査技術者試験は、被監査部門から
独立した立場で、経営者の視点により、
情報処理システムを幅広い観点から調査します。

システムが経営に貢献しているかどうかを
判断するシステム監査人を対象としていて、
その能力を認定する資格になります。

受験対象者は、情報処理システムの監査に
主として従事する者を対象とします。

大学卒業程度の一般常識を有し、
5年程度以上の一般実務経験があり、
企画、開発、運用及び監査について
専門分野の知識を有し、システム監査を
行い得る者を認定します。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ