ジュニアスポーツ指導員

ジュニアスポーツ指導員という、
資格があります。

どういった資格になるのでしょうか、
ここで確認しておきましょう。

ジュニアスポーツ指導員とは、
公認スポーツ指導者の一つで、
地域のスポーツクラブなど
2歳から15歳からの幼少年期の
子供に対して、主に遊びなどの
遊戯を通してスポーツや体づくりや
基本的な動作の習得を行わせるための
指導を行う有資格者の事を指します。

基本的には試験を合格して
取得することのできる資格になります。

試験の内容としては、その都度
課題が提出されその課題の6割得点を
達成すれば合格することが
可能となっているようです。

合格率は90%と非常に高い資格と
なっているようです。

40時間の指導実習なども必要に
なってくることもあるようです。

このように、ジュニアスポーツ指導員とは
地域の子供に対して遊びを通じて、
体づくりや基本的な動作の指導を
行っていくという指導的立場を
もった資格になります。

試験に合格して取得しなければ
なりませんが、合格率は非常に
高く90%以上が合格している資格になります。

地域で習い事などを始めたい人には
取っておくといいのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ