スノーボード・インストラクター

プロスノーボーダーなら、自分の
スノーボードのすべる技術を
高めるのみで目指すことができます。

しかし、インストラクターとなると、
自分のスノーボードの技術のみではなく、
人に教える技術も必要になります。

スノーボードのインストラクターの
資格の基準を制定しているのは、
日本スノーボード協会・略して
JSBAや日本ハーフパイプ協会・略して
JHPなどです。

他にも、独自の基準を制定している
団体には財団法人全日本スキー連盟・
略してSAJや日本スキー職業教師協会・
略してSIAなどがあります。

SAJやSIAは団体名を見ても
わかるとおりスノーボードを
スキー競技の一部として
捉えている印象がありますから、
スノーボードを単独で扱っている
JSBAやJHPで資格を取得することを
オススメします。

例えば、JSBAのスノーボード・インストラクターの
資格は三段階に分かれていて、
それぞれA級・B級・C級と
呼ばれています。

A級はB級の資格保有者が、
B級はC級の資格保有者が
受験を許されていて段階的に
上位の資格を取得していくことに
なります。

なお、C級の資格は5級から1級まである
スノーボード・バッジテストの1級に
合格していなければ受験はできません。

バッジテストはJSBAの会員であれば
2級までは5級から段階的に受ける
必要はなく飛び級で受験することも
可能ですが1級は2級合格者でなければ
受験できません。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ