スペイン語技能検定

スペイン語技能検定とは民間資格で、
日本スペイン協会が主催する、
スペイン語に関する試験になります。

文部科学省が後援していて、
受験資格は特になく、誰でも
受験することができます。

スペイン語技能検定は、世界の
3大言語に入るスペイン語の
能力を測るための検定試験で、
1973年から始まりました。

難易度別に1級から6級まで
6段階に分かれていて、1級に
なると会議での通訳やガイドが
できるレベルになります。

スペイン語はスペインをはじめ、
南米を中心として世界23カ国で
公用語として使用しれています。

世界で約3億人以上の人たちによって
話されている言葉で、国連の
公用語にもなっています。

スペイン語技能検定の試験は、
3級から2次試験があり、一気に
難易度が高くなります。

そのため、3級から上位級は、
独学での試験対策は困難で、
スクールに通って検定試験対策を
する必要があります。

スペイン語は、日本においては
まだメジャーとは言えませんが、
スペインに留学を希望する際の
語学力を知る目安になるので、
学ぶ比率が近年高くなってきています。

また、南米へ留学を希望する人や、
英語以外の語学を学びたい人から
人気のある資格です。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ