パソコン検定文書・表計算試験

パソコンに関する資格は数多く制定されていますが、
その中にパソコン検定文書・表計算試験という
資格があります。

このパソコン検定文書・表計算試験はどのような資格と
なているのかここで確認をしていきましょう。

パソコン検定文書・表計算試験とは、
主にマイクロソフトから発売されている
マイクロソフトオフィスを活用してビジネス文書の
作成能力を測定する資格になります。

ですので、特にマイクロソフトのビジネス文書の
作成能力の測定に使用される資格になるようです。

国によって制定されている資格ではなくて、
全日本情報学習振興会が実施している資格となります。

試験内容としては、文書の処理課題はもちろんですが、
データベースやグラフなどを用いたビジネス文書などが
試験科目として出題されるそうです。

しかし、この資格を取得したからと言って特段独占業務が
行えるというわけではないので自分のビジネスセンスが
どこまであるかの確認程度で使用される資格となるのでは
ないでしょうか。

しかし、ビジネス文書を作成する能力を養いた方には
最適な資格ではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ