パラグライディング教員

自分の力で空を飛べるって憧れますね。

空を飛ぶスポーツはいくつかありますが、
パラグライディングは、空を飛ぶスポーツの
中で比較的シンプルで、上達が早くマスター
しやすいスポーツです。

上級者になると何百キロも何千キロも
空中散歩を楽しむことができるのです。

そんなパラグライディングの教員になるには
どのような資格が必要なのでしょうか。

パラグライディング教員の技能証は
アシスタントインストラクター、インストラクター、
パフォーマンスインストラクターの3段階に
わかれています。

まずはアシスタントインストラクターの
取得から始まります。

受験資格は、申請を行う日までに18歳に
達していること、エキスパートパイロット
技能証を有し1年以上経過していること、
所属するJPA(日本パラグライダー協会)
登録校で30日間以上の実務経験があること、
救急法の受講を証明すること、以上の条件を
満たしている必要があります。

エキスパートパイロットになるにも規定の
学科講習、実技講習、そしてそれぞれの検定を
受け合格し、証明書を取得する必要があります。

パラグライディング教員資格は、もちろん日本で
取得することも可能ですが、ハワイの綺麗な海や
大地を見下しながらの取得も人気を呼んでいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ