ビアアドバイザー

ビアアドバイザーという資格をご存知でしょうか。
その名の通りビールに関してアドバイスをしていく
という資格になります。

もっと具体的にはどのような業務を行っていくのか
ここで確認をしていきましょう。

ビアアドバイザーとは、ビールに関して、
的確で正しい専門知識を持ち、テイスティングや
接客サービスなどを持ち、ビールのプロとして
ビールを消費者に提供する電門下の事を指します。

ビールは意外と保存などが難しく、
適切な知識と技術を持っていなければ、
しっかりとしたボール本来の味を顧客に
提供することはできません。

そのために必要になってくるのが
このビアアドバイザーなのです。

どのようにして、資格を取得するのかというと、
飲料専門化団体連合会開催の受験資格認定講習会を
受けることで、受験資格を取得し、その後
ビアアドバイザー試験を突破することで取得する
ことができるようになっているようです。

ビールは今や日本で最ものまれている
お酒になるはずです。

ですので、今後も需要が結構望める資格に
なるのではないでしょうか。

ビールは適切に扱わないと本来の味が
活かされないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ