ビジネス・キャリア検定試験

ビジネス・キャリア検定試験とは、
企業の職務遂行に必要な実務能力を評価するため、
企業実務に即した専門的知識と能力を客観的に
評価する試験です。

ホワイトカラー職種に従事する管理者やリーダー層の
実践的な職務遂行能力を客観的、公平に評価します。

事務系の職業についての職務を全て網羅し、
職務と能力レベルに応じて体系化した区分ごとに、
職務に必要な専門的知識について、
実務に応用できるかという視点から試される試験に
なります。

企画力などを加味した実務能力の評価を認定される
資格なので、取得すると就職、転職に有利になります。

仕事ができる人材に求められる実施能力を
問う評価試験として、ビジネス・キャリア検定試験は、
広く貢献しています。

ビジネス・パーソンの職務を広く網羅した唯一の
公的資格であり、試験基準とガイドラインは、
各職務分野のビジネス・パーソンに求められる
専門的知識と実務能力を体系的にとりまとめたものに
なっています。

国が整備した職業能力評価基準に準拠しているので、
その内容は確かなものです。

企業では社員の実務能力の客観的評価や
人材開発として、ビジネス・パーソンや
求職者にとっては、昇進、昇格、就職に
向けた公的資格として貢献しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ