ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定ってどんな資格かご存知でしょうか。

その名前から何となく想像がつく方もいるかもしれません。

ビジネス著作権検定はビジネスにおいて必要となる著作権に
ついての知識をはかる検定試験です。

民間資格ではありますが、知的財産権の時代ともいって
いいべき現代においてとても役に立つ資格です。

その試験問題もビジネスの場において実際に遭遇するような
身近な例をとりあげており、勉強をしている段階で
すぐに役立つような知識をたくさん身に着けることができます。

そんなビジネス著作権検定の受験資格は特にありません。

年齢や学歴、特定の経験の有無に関わらず誰でも受験する
ことができます。

出題範囲は初級と上級で異なり、上級の方が応用力が求められる
傾向にあります。

出題形式はマークシート方式で、初級が30問、上級が90問と
されています。

ちなみに合格基準は初級が正解率65パーセント以上、上級は
70パーセント以上です。

その名称からビジネスに関わる人にだけ役立つ資格だと
思われがちですが、学生にもおすすめです。

たとえば制作系の学校に通っている人は著作権についての
知識を得ることで他人のそれを侵害しないように
できるだけでなく自分の権利もしっかり守ることが
できるようになるからです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ