ピアノ調律技能検定

ピアノ調律技能検定は一般社団法人日本ピアノ調律師協会が
実施するピアノ調律に関する学科及び実技試験です。

ピアノ調律技能検定に合格すればピアノ調律技能士を
名乗ることができます。

ピアノ調律業界で唯一の国家資格で、
技能の内容に応じて1級から3級に区分されます。

学科試験と実技試験がありますが、各級共に学科試験に
合格した者が実技試験を受けることができます。

ピアノ全般に関する知識及びピアノの調律・整調・修理に
関する技能、実務能力を問います。

一般的に楽器の調律や保全は楽器の保有者・演奏者の
仕事ですが、ピアノは機構が複雑なため、
演奏家個人が調律・保全を行うことができません。

そこで、ピアノ調律を専門に行うものが必要ですが、
ピアノ調律の技能を客観的に示す資格が存在
しませんでした。

そこで平成23年度よりピアノ調律の技能を
問う国家試験が実施されるようになりました。

24年度の合格率は3級38.6%、2級24.9%、
1級9.1%でした。

ピアノ調律技能士となり、資格を表示する場合は、
1,2,3の等級を明示する必要があります。

一般的には音楽系の学校で学び、
卒業後実務経験を積んで試験に臨む方が多いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ