ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定とは、
顧客満足を追求し、収益化を可能にする戦略立てのできる
人材を育成することを目的として、ファッションに関する
造形的知識、技術から流通までの技能を評価、証明するための
検定試験です。

1級、2級、3級があり、2級と3級については基本的な
ビジネスマナーや知識問題の他、ファッション業界に
関連する流通、マーケティング、ファッション商品の知識を
問われます。

難易度は高くありません。

項目別問題集を一通り勉強すれば合格可能ですが、
試験問題に比べて時間が短いので、見直し等に関しては
ゆとりがあるとはいえません。

合格率は2級が約50%、3級が約70%ほどと言われています。

一方、1級は記述式及び選択式の試験で、マーケティング戦略、
マーチャンダイジング戦略、流通戦略、マネジメント知識、
ファッションビジネス知識の5科目のうち、全科目に合格することで
取得できます。

就職先はアパレルメーカー、合繊メーカー、デザイナー事務所、
高級ブティック、百貨店、ファッション関連企業などです。

アパレル会社での資格の認知度は高いので、転職時の
アピールポイントとなります。

具体的な仕事内容は商品の案内、管理、ディスプレイ配置、
ショップイベントの計画、提案、売上管理、顧客管理などが
あります。
華やかな世界での仕事ですが、基礎知識を学ぶことで
より仕事に生かせそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ