フードコーディネーター

フードコーディネーターは
FCAJ・特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会が
認定している民間資格になります。

フードコーディネーターというとテレビ番組などで見かける人
というイメージもありますが、実際には食品に関するスペシャリスト
であると言われています。

フードコーディネーターの柱となる分野は大きく分けると
3つあると言われています。

一つが食の商品開発です。

外食産業や食品業界における商品開発では、
フードコーディネーターの知識がフル活用される分野でもあります。

レストランのプロデュースという分野も大きな柱の一つです。

オーナーがイメージしているレストランを作り上げていくために、
マーケティングや経営、そしてマネージメントを担当することも
あります。

最後に食のイベントやメディアでの活動です。

食は時代と共に注目を浴び、その重要性が再認識されている分野
でもあります。

その職に対しての正しい知識と経験などを人に伝えていくということも、
フードコーディネーターの重要な役割で、それらの知識や
経験が備わっていることを認定するのがフードコーディネーターの
資格になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ