プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャは、
高度IT人材としての専門分野職であり、
システム開発プロジェクトの責任者として
プロジェクトの計画や立案、必要人材や
資源の確保、計画したものの予算や納期、
品質を達成する為のプロジェクト能力を
認定する為の資格となっています。

プロジェクトマネージャは旧試験と
新試験があり、昔よりはやや易化と
なっています。

しかしそれでもまだ難しく、合格率は
13パーセント程度です。

プロジェクトマネージャの資格を
所持していると、コンピューター
メーカーを始め情報処理企業や
ソフトウェア企業等への就職が
有利となります。

さまざまなプロジェクトを
取り仕切る事となるので、
資格所持だけではなく
コミュニケーション能力も
必要となるでしょう。

資格受験の制限は無く、試験は
午前と午後の2回ずつ、合計4回の
試験となっています。

試験時間は午前1が50分、
午前2が40分、午後1が90分、
午後2が120分です。

午前試験はどちらも多肢選択式
ですが、午後試験はそれぞれ記述式、
論述式の試験となっていて、徐々に
難易度も上がって行きます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ