プロダクトデザイン検定

プロダクトデザイン検定とは
日本インダストリアルデザイナー協会による
工業デザイナーとしての育成、普及、啓発を目的とし
関連知識の評価基準になる資格です。

プロダクトデザイン検定資格は1級と2級の
2種類で受験資格は年齢制限・性別などの
制限はなく誰でも受験できます。

1級及び2級試験とも全国のテストセンターで
随時、申し込みも受験も受け付けており、
学校や職場での試験が可能な出張試験制度もあります。

1級試験はプロダクトデザインについての知識と
技術を持ち具体的な方法や指示を受け業務を行える
レベル・2級試験はプロダクトデザインに関わる仕事で
必要とされる基礎知識を持つレベルで、4択問題100問・
CTB方式による問題・回答になります。

受験料は10,500円(税込み)で合格すると
「PD検定1級資格証」が発行され登録料として
10,500(税込み)、すでに2級を登録されている場合には
5,250円(税込み)で資格の有効期限はなく、合格基準は
おおむね総合得点の70%以上になります。

プロダクトデザイン検定はデザイナーを目指す方の
キャリアアップやステップアップ、デザインに
関わる企業や現役デザイナーの方たちの評価向上や
プロテクトデザインの知識レベルの証明として
活用できる資格と言えるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ