ベビーシッター

ベビーシッターとは
母親に成り代わって乳幼児の世話をする人を指し、
家族の教育方針をそのまま引き継いで世話をする
保育のプロです。

保育士のような国家資格ではありませんが、
幅広い活躍の場がある魅力的な資格です。

ベビーシッターの資格を取得すると、
保育所や幼稚園で働くことができ、
派遣会社に登録すれば、保育ママさんに
なることができます。

デパートや映画館、ホテル、イベント会場などでの
需要も最近増えていて、活躍の場はどんどん広がって
います。

また、ベビーシッターは時間で区切られた仕事になるので、
フルタイム、アルバイト、パートなど、多様な働き方が
できます。

平日は別の仕事をして、休日だけベビーシッターをする
というやり方も可能です。

今の仕事を続けながら副業としてもすることができ、
自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる
有意義な資格です。

ベビーシッターの未来は明るく、近年では、
音楽や体育などの特殊家庭教師と従来のベビーシッターの
業務を兼務する形で新たなサービスを展開する業者も
出てきました。

徒歩や公共交通機関を利用した送迎サービスを
ベビーシッターの業務とともに行う業者もいて、
サービスの多様化には目覚ましいものがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ