ボイラー整備士

ボイラー整備士って
いったいどんな資格のことをいうのでしょうか、。

ボイラー整備士とは国家資格の一つで
ボイラー整備士免許試験に合格しなければ
得ることができない資格なんです。

このボイラー整備士免許試験は労働安全衛生法に
基づいて厚生労働大臣が指定する試験機関である
公益財団法人安全衛生技術試験協会が実施するものです。

全国の安全安全衛生技術センターで年に3回行われます。

実技試験はなく学科試験のみです。

受験資格に特に決まりはなく誰でも受験することが可能です。

試験科目としてはボイラーおよび第一種圧力容器に関する知識、
ボイラーおよび第一種圧力容器の整備の作業に関する知識、
ボイラーおよび第一種圧力容器の整備の作業に使用する器材や
薬品等に関する知識、関係法令があります。

ボイラー整備士になるためにはボイラー整備士試験に
合格していくつかの要件のいずれかに当てはまる
満18歳以上のものは申請を行うことによって
免許の交付を受けることが必要です。

労働安全衛生施工規則によりこの免許の交付を
受けていなければボイラー整備の業務に就いては
いけないと決められています。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ