ボイラー溶接士

資格、といえば皆さんどのようなものを
思い浮かべますでしょうか。

弁護士や税理士といった士業の資格などが
難易度が高くまた有名でもあります。

看護士や介護福祉士といったものも
最近高齢化社会と言われている日本において
必要不可欠な存在と言ってもいいでしょう。

このように資格には専門となる業務に応じて
分かれておりその中の一つにボイラー溶接士
という資格があるのをご存知でしょうか。

このボイラー溶接士とは労働安全衛生法による
免許制の国家資格の一つとなっておりボイラー
および小型でない第一種圧力容器にまつわる
溶接業務の一部に携わっている人たちを指し
またこの業務に携わる人は前述した免許を
所持していなければ業務を行うことができないと
労働安全衛生施行規則にて定められています。

試験内容は筆記と実技に分かれており
筆記に合格したものだけが実技による試験を
受験することが可能となっており1年以上の
溶接業務に携わったものが受験資格と
なっています。

また免許制ということもあり有効期限が
設定されていて2年毎に更新を行わねばならず
これはボイラーの溶接作業における技術の維持を
目的としたものであるということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ