ボートレース検査員

ボートレース検査員ってどんな資格なんでしょう。

名前を聞けば何となく分かるかもしれませんが、
ボートレース検査員はボートレースにおいて
公正にレースが行われるためには欠かせない
資格です。

ボートレース検査員の仕事は、
出場レーサーやボート、ボートの動力となる
モーターを出走前に調べたり、レース中に
起こってしまうことのある事故の原因を調査する
ことが主なものです。

この内容を見れば分かるとおり、
公正なレースのためのみならずレーサーの
安全のためにも非常に重要な役割を
担っているのです。

そのためこの資格を取るためには指定の
養成学校に入学して学ばなければいけません。

養成学校への入学条件も存在します。

高校卒業程度の学力を有しており、教育開始時に
18歳以上かつ35歳未満であることです。

高校卒業程度ということで、いわゆる一般的な
高校を卒業していなくても高卒認定があれば
問題ありません。

ここで学んだことを活かして試験に臨むことに
なります。

気になる合格率は非公開となっていますが、
難易度はかなり高いとされます。

仕事の内容的にも知識や技術がきっちりと
身についていなければ資格は与えられないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ