マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS試験)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS試験)とは、
マイクロソフトのオフィスソフトをどれだけ上手に
使いこなせるかどうか、を問う資格試験です。

少し変わっているのが、普通の資格試験などと違って
筆記試験や論文などが存在しないところ。

マイクロソフトオフィススペシャリストの試験では、
全ての問題が実技になっており、各アプリケーション
ごとに具体的にパソコンを使って試験に挑むことに
なるのです。

どのアプリケーションも、試験時間は50分ほど、
試験問題は20から45問ほどと共通しています。

だから、通信教育やスクールの問題集などを用いて
事前に試験対策をしておけば、本番当日に
焦ったり緊張したりすることはなく、スムーズに
試験に挑むことが出来るでしょう。

合格率も、レベルにもよりますが、それほど低くは
ないようです。

スペシャリストレベルに合格すれば、
マイクロソフトの基本的な機能を使いこなして
文書の作成、変更、印刷をスムーズに行える技術が
証明されますし、エキスパートレベルに合格すれば、
スペシャリストレベルの機能を十分理解したうえに
環境設定やデータの有効活用など、高度な技術を
用途や目的に応じて使用することができることが
認められます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ