マルチメディア検定

マルチメディア検定とは、
インターネットやコンピュータを活用しながら
デジタルコミュニケーションに必要なスキルと
知識をはかる検定試験のことです。

試験をパスするには画像や映像、音声などの
デジタル情報を操る技術と知識の他、
コンピュータや周辺機器、インターネット、
携帯電話、知的財産権などについての
専門知識も必要です。

映像や音楽などのコンテンツの企画や
制作現場において、自身のスキルの証明や
確認に最適な検定試験といえるでしょう。

またこういった制作会社への就職を
目指す学生にとっては取得しておいて損は
ない資格といえます。

他にも日常の業務でパソコンを利用する方に
とっても自身のスキルをはかるのにちょうどよい
検定といえるでしょう。

受験資格は特にありませんが、試験をパスするには
マルチメディアの他インターネットやコンピュータに
ついての深い知識が必要です。

マルチメディア検定には2種類あって、エキスパートと
ベーシックにわかれています。

どちらもマークシート形式の試験です。

ベーシックではマルチメディアについての基礎知識が
問われます。

エキスパートでは基礎知識の他、応用も問われ、
WEBサイトの構築や運用の知識も必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ