マンション維持修繕技術者

マンション維持修繕技術者は区分所有管理士や
管理業務主任者などと連携をとり、調査診断・
修繕設計・工事管理や建替え調査などを
実施する立場の人間です。

マンションを維持・管理していくことに関して、
一定の知識と技術を持っていなければマンション
維持修繕技術者になることができません。

こういった能力を審査・認定して、技術者の知識
や対応力などの向上を図る意味合いを持っています。

昨今は、マンションのような集合住宅が増えており、
このマンション維持修繕技術者は不可欠な存在
ともいえるでしょう。

この資格は一般社団法人である、
マンション管理業協会が設定しているもので
共同居住に関して、社会的な要請に対応出来ることも
重要な目的になっています。受験の資格があるのは、
学歴に応じた実務経験のある人、もしくは指定の資格を
持っている人となっています。

また、マンション管理業協会がその学歴や実務経験と
同等・それ以上と認めた人となっています。

受験を考えている人は、自分が該当するかどうか
確認をした方が良いでしょう。

試験は択一式試験と記述式試験があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ