メディカルクラーク

メディカルクラークとは、
医療事務技能審査試験のことを言い、医療機関において、
受付業務・会計業務・オペレーター業務等全般、
診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を
認定する資格です。

つまり現場ですぐに使える職業能力を身に付ける資格です。

医療事務関連の仕事として他にも民間資格がありますが、
メディカルクラークの資格はそれとは異なり、厚生労働省の
認可する資格となりますので、医師事務作業補助者の資格の
中でも受験者数が多く、医療機関からも信頼を寄せられている
資格です。

試験のレベルや科目によって、
合格者には1級メディカルクラーク(医科・歯科)、
2級メディカルクラーク(医科・歯科)の称号が与えられます。

2級試験受験資格として、規定の教育を履修している者、
または医療機関等で医療事務職として6ヶ月以上の
実務経験があること、といった条件があります。

30以上ある医療事務の資格の中では難関といえますので、
医療機関からの評価も高く、取得できれば就職をはじめ、
転職や復職にもかなり有利であるといえます。

メディカルクラークの資格は、病院や診療所、クリニック、
歯科医院をはじめ、健診センターや調剤薬局など、様々な
活用の場があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ