ラジオ・音響技能検定

ラジオ・音響技能検定とは、
国際文化カレッジ主催が検定する資格で、
受験資格に制限はありません。

エレクトロニクス・オーディオの知識と
技能に関する能力を問う検定試験で、
1級から4級までの4段階に分かれています。

以前は文部科学省認定の技能審査だったのですが、
2006年から認定制度廃止となり、文部科学省の
後援となりました。

エレクトロニクス・オーディオの知識と技能を
アナログ技術という観点から総轄して評価する
技能検定で、エレクトロニクスやオーディオに
関わりを持つ人の知識と技能を評価するための
欠かせない資格です。

ラジオ・音響技能検定の資格を取得すると、
社会的評価を得ることができ、就職時に有利に
働きます。

家電メーカー、販売店などに務めることができ、
エレクトロニクス・オーディオに関する国内唯一の
資格であることから、取得すれば家電メーカーの
エレクトロニクス部門などへの就職、転職に
功を奏します。

合格率は1級が9%と難関資格で、2級が26%、
3級が46%、4級が62%程度となっています。

仕事としては、家電メーカーや販売店などで、
音響機器の組立て、設計、製作、修理に携わります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ