リビングスタイリスト

あまり耳慣れない資格ではありますが、
リビングスタイリストを言う資格は、
昨今とても人気を高めている資格であります。

リビングスタイリストは、まだ歴史が浅い資格で、
そのスタートは2005年となっています。

一般社団法人の日本ライフスタイル協会が設定した
リビングスタイリストという資格は、家具専門店や
設備ショールーム、住宅メーカー、雑貨店、
リフォーム会社などで働くときに、優位になる資格
だといわれています。

リビングスタイリストの資格を有している
ということは、住生活に関する専門的で有意義な
知識を豊富に持ち合わせていて、なおかつそれを
顧客にアドバイスすることができるということが
証明されるからです。

リビングスタイリストには一級と二級があって、
二級では、流通、情報、接客販売といった、
販売にまつわる知識、さらに家具や窓の装飾、照明
といった住宅設備にまつわる基礎的な知識がとわれます。

一級では、それらニ級の内容はもちろんのこと、
住生活と住生活産業全般にかかわる知識、店舗の
演出の仕方や建具や内装についての知識、また
マーケティングやマーチャンダイジングまでが
試験内容に加わってきます。

合格率は、二級で八割程度、一級で四割程度です。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ