ロシア語能力検定

ロシア語能力検定とは
ロシア語の能力をはかる試験です。

ロシア語能力検定委員会が主催して
います。

自分のロシア語レベルをはかったり、
客観的にレベルを証明したい場合に
受験するとよいでしょう。

試験は1級から4級まで4つのレベルに
分かれています。

どの級も文法、露文和約、和文露訳の
試験が課せられます。

これに各級で他の試験が追加されます。

4級ではロシア語テクストを音読して
録音する朗読試験があります。3

級では朗読に加えて聞き取り試験も
追加されます。

2級以上になると朗読はありませんが、
聞き取りと高等作文の試験が加わります。

検定試験は主だった都市で年二回開催
されます。

試験会場が日本全国にあり、受験料が
比較的安めの設定になっているので
受験しやすい試験であるといえるでしょう。

ロシア語学習者にとっては自分のレベルを
知るにちょうどいい試験と言えます。

4級はやさしい日常レベルですので
ロシア語学習を始めてから日が経って
いない初級者にちょうどよいレベルで
しょう。

3級は4級と比べるとやや高度な日常
レベルのロシア語能力が求められます。

2級は一般向けの新聞や雑誌の和訳など
があります。

1級になると極度に専門的なテーマをのぞき、
一般教養範囲以上の内容の翻訳や聞き取り
理解が求められます。

自分の能力あった級の取得を目指しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ