下水道管理技術認定

下水道に関する
各種施設の管理や維持

下水道路施設において維持管理業務を行う技術を
認定する為の試験
を下水道管理技術認定と言います。

下水道管理技術認定の資格を所持していると
下水道管会社等に就職をする事が出来るでしょう。

下水道管はさまざまな施設で使われていて
維持や管理を定期的に行う事となっています。

その為資格を取得し仕事にすれば
困る事は内かも知れません。

主な仕事内容は下水道に関する
各種施設の管理や維持
となっています。

資格難易度はやや難しく
合格率は35パーセントです。

とても低い訳ではありませんが
しっかりと勉強をしないと受かりません。

受験資格は特に無く
学齢や職歴がなくても受験が可能です。

試験は毎年11月の第二日曜日、
札幌仙台東京を始め全国11か所で
実施されている試験です。

受験料に7,000円掛かります。

多肢選択式2時間15分の試験となっており
出題される事は管路施設についての問題が
主となっています。

工場排水や下水道管の維持管理について、
安全管理、下水道関連法規についてしっかりと
勉強をしていれば問題を解く事が出来るのでは
ないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ