医師

医師は
医療従事者の資格の中で頂点にたつ資格になります。

つまり、医療行為と呼ばれる仕事については限界なく
行うことが出来るのが医師になります。

日本において医師の資格は国会閣であり、厚生労働省が
医師法に基づいて認定します。

医師の国家資格を取得するためには医師国家試験を
受験して合格する必要がありますが、この医師国家試験を
受験するには医学部医学科6年制を修めて卒業した者や、
防衛医科大学校卒業生など医師法の規定に基づく受験資格を
有している人になります。

この医師国家試験に合格して免許を与えられても、診療に
従事するためには2年以上医学を履修する課程を置く大学に
付属する病院か、厚生労働大臣が指定留守病院において
臨床研修を受けなければならないとされています。

医師の資格を得ると法律上は全ての診療科における診療行為を
行うことが出来ますが、麻酔科の医師のみは厚生労働省の許可を
得なければならないとされています。

医師というのは人命を扱うために高度な知識と技術を要する
職業であるため、厳格な資格制度が引かれている難易度の高い
資格の一つになっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ