医療事務管理士

医療事務関係の資格は、医療事務管理士を
はじめとし、メディカルクラーク(医療事務技能審査)、
診療報酬請求事務能力検定、医療秘書技能検定など、
10種類以上にもおよびます。

中でも医療事務管理士資格は、テレビCMで流れていたり、
雑誌の広告欄にもよく掲載されているので、人気のある
受験者数の多い資格です。

医療事務管理士の仕事内容は、カルテ管理や治療費の計算、
レセプト作成、診療報酬請求などです。

正確な診療報酬を算定できる事務スタッフは、医療現場させる
事務スタッフとして、医療機関では欠かせない存在です。

医療事務管理士になるために資格が必要なわけでは
ありませんが、医療事務管理士技能認定試験をパスすることで、
これら医療事務関係の仕事を理解していること証明となります
ので、就職にも有利になります。

医療事務管理士の資格には医科と歯科があり、医科では医学用語や
投薬・検査・治療などの知識、歯科は歯科治療に関する知識が
出題されます。

毎年医科は5000人前後が受験しており、合格率は40%程度、
歯科は500人前後で70%程度です。

専門のスクールに行く人もいれば、通信教育で勉強し資格取得を
目指す人も多くなってきました。

年齢や専門分野に関わらない人気の高い資格です。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ