医療秘書技能検定

医療秘書技能検定は
医師の秘書・つまりサポートの役割を持つ資格です。

医師に代わってカルテやさまざまな書類を作成する
事務処理を代行したり、医師のスケジュールを管理するなど
医師が治療に専念できる環境を保持する存在です。

医師の予定は病院での診察・治療の時間ばかりではなく
学会への出席などがある場合もありスケジュール管理も
秘書の重要な役割なのです。

人件費を節約したいクリニックでは医師が自ら行っている
場合も多いですが、医療秘書の存在によって結果的に診察の
効率が上がりより多くの患者さんを診察できるようになる
ばかりか医師の負担も減少するため、現在注目されている
資格です。

医療秘書技能検定には、3級から2級・準1級・1級と
4段階あります。

受験資格は特にありませんので合格する自信があるのなら
飛び級でいきなり上位の級を受験しても良いのですが
上位の級になるほど受験料も高額になりますから、
自分の実力に合った級から徐々に段階を重ねて受験して
いくことをオススメします。
一番下位の医療秘書技能検定3級の合格率は約70%ほど
あるとされていて、きちんと勉強すれば決して難しい試験
ではないことがわかります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ