医科・歯科幹部自衛官

国とは何か。

昔から議論される内容ですが、非常に難しい物
ですね。

だからこそどんなに時間が経過してもこの話題は
尽きないのでしょう。

国は国民によって作られているものだけれど、
そもそも国土が無いと国民は生きられないの
だから国防という観点から見た場合国土の防衛は
国民の命よりはるかに勝るそうです。

ということは我が国日本にとって軍隊に
該当する自衛隊員はまさにこの国を守る生命線。

ここがしっかりしていなければ国土を守れず、
そして国土が守れないことは当然国民を守ることが
出来ないことも意味しております。

そんな自衛隊の中に医科・歯科幹部自衛官と
言うものがあるのはご存知ですか。

戦闘部隊ではありませんが、これも立派な自衛隊員の
一つで、主に自衛官達の健康管理に携わります。

自衛官が健康でなければやはり仕事は出来ませんから、
そういう意味では縁の下の力持ちのような仕事であり、
その責任は大きいでしょう。

当然国家試験を通る必要があり、対象者は日本国籍を
有し、医師免許または歯科医師免許を持っている者と
されています。

日本を守る重要な仕事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ