家庭保育福祉員

子どもたちの面倒を見る仕事

家庭保育福祉員とは、
家庭的な雰囲気の中で保育をするという
保育事業で、子どもたちの面倒を見る仕事
を指しています。

幼稚園や保育園とは異なり、家庭的な雰囲気の
中で保育を行っていくことで、仕事や病気で
日中子育てが出来ない家庭の子どもの保護者代わりに
なってあげようとするのが家庭保育福祉
という制度で、
その始まりは大変古いといわれています。

現在では改正児童福祉法上に位置づけられた
事業の一つとして、より広く認知されるように
なっています。

過程保育福祉の具体的な方法は、
自治体の認定を受けた家庭保育福祉員が、
自身の住まいの専用の保育室などで、
極めて少人数の乳幼児の保育をする
というものです。

生後57日目から三歳の三月三十一日までの
子どもを預かるのが基本
となっています。

一人の家庭保育福祉員が受け持てる
児童の数は三人で、補助人がいれば5人まで
可能となっています。

家庭保育福祉員になるに
各市町村などの募集要項をよく読み、
試験と研修を受ける必要
があります。

基本的には、子育ての経験がある人、
もしくは保育士・保健師・助産師・
看護師・幼稚園教諭のいずれかの資格を
有している人が対象です。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ