家庭裁判所調査官補

専門的な知識を活かして
調査をする国家公務員

          
家庭裁判所調査官補は、
家庭裁判所で取り扱う問題に対して、

心理学、社会学、社会福祉学、教育学など
あらゆる面での知識が必要
である。

家庭裁判所で取り扱う問題は、
背後にさまざまな問題が潜んでいますので
法律だけで解決できるものではなく、
大変デリケートな問題でもあります。

家庭裁判所調査官補は
法務省管轄の国家公務員で
資格を取得するには
家庭裁判所調査官補採用Ⅰ種試験に
合格しないといけません。

採用されると2年間の研修を経て、
各地の家庭裁判所で働くことになります。

転勤もありますので、日本全国の本庁
または支部で仕事をすることになります。

家庭裁判所調査官補は出張も多いので
忙しい仕事だと思います。

法律の専門知識も必要とされますし、
微妙な年頃の子どもの心理や精神状態、
家庭問題などを考えて接するきめ細やかさ
みたいなものも求められる
ことになります。

近年、日本では少年事件が急増して、
それは社会的問題にもなっています。

家庭のトラブルも急増しているので、
家庭裁判所調査官補が担う役割は幅広く
複雑でもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ