液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士とは、
液化石油ガスに関する法律である液石法に基づいて、
液化石油ガスの安全性の確保とその取引を適性に
行うことを都道府県知事から認められた人のことを
指しています。

一般家庭用のLPガス供給設備、消費設備の設置工事や
調整器の接続、気密試験といっ液化石油ガス設備士の
作業は、液化石油ガス設備士の資格をもった
液化石油ガス設備士でないと、行ってはいけないことに
なっているのです。

液化石油ガス設備士になるには、
液化石油ガス設備士試験に合格し、都道府県知事から
液化石油ガス設備士免状の交付を受けて資格を取得する
必要があります。

液化石油ガス設備士の試験は、
毎年十一月の第二日曜日に全国で一斉に開催されます。

そこでの試験内容は筆記試験で、筆記試験に合格すると、
今度は十一月の第四日曜日に、技能試験が行われる
ことになります。

技能試験にも合格すると、晴れて液化石油ガス設備士の
資格を得ることができるという算段になっています。

もしくは、液化石油ガス設備士養成講習というもの
受講し、直後にある検定試験を受けることでも、
液化石油ガス設備士の資格を得ることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ