衛生管理者(第1種・第2種)

生管理者という資格を皆様は一度は耳にしたことが
あるかと思います。

これは第一種と第二種があり両方とも労働安全衛生法に
基づく資格です。

彼らの役割は例えば会社に雇われている従業員の
健康を守ることです。

ちなみに日本の法律においては従業員数が五十を超えた場合
必ず一人はこの衛生管理者を置かなければならないと
義務付けられています。

多くの会社は五十人以上になると社員の中かから
この衛生管理者を選ぶそうです。

では、第一種と第二種はどのような違いがあるのかに
着目してみましょう。

まず第一種衛生管理者免許ですが、あらゆる会社の中で
衛生管理者になれるというメリットがあります。

制限は全くありません。

どんな大企業だろうと国内法で守られている会社ならば
なれるわけです。

これに対し第二種衛生管理者免許は有害な仕事が
ごく少ない会社、あるいは業種の中でのみ衛生管理者に
なることが出来るわけです。

では実際どのような業種が該当するのかというと、
例えば保険だとか卸売業者がこれに当たります。

これが衛生管理者資格の主な説明になります。

大きな会社には必ず彼らがいるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ